相続税について

たまには、仕事についても書きたいと思います。 今年は、大きな相続税の改正がありました。基礎控除を40%も引き下げ(増税)ました。また、最高税率を50%から55%に引き上げました。 今まで5,000万円+法定相続人の数×1,000万円だったのが、3,000万円+法定×600万円に40%減になりました。これは、結構、大きな問題です。今まで8,000万円(相続人3名)が4,800万円になります。ちょとした人が、相続の申告をしなければならなくなります。結果的には、配偶者の税額軽減や特例等で相続税は、かからない人が多いとは思いますが、これらの特例は、申告が要件となりますので、申告してはじめて、税金がかからないことになります。知らずに、申告をしない場合は、数百万円相続税が、課される事になります。 会社を退職し、退職金と自宅、生命保険金などで計算上、5,000万円くらいの財産がある人でも、申告が必要になります。相続税は、お金持ちの税金という感じでしたが、これからはほとんどの人が課税される可能性が出てきました。気をつける必要が出てきます。 事前に色々と対策をしておけば、税金は安くできます。他人事ではなく考えておく必要があると思います。それにしても民主党の政策には、参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA