人の一生は重き荷物を・・・

ほとんどの人は、徳川家康の遺訓と言われている「人の一生は重き荷物を・・・」は、聞いたことがあると思います。私も聞いたことがあるのですが、その全文は読んでいませんでした。 その全文を書きます。しかし、改めてすばらしいと思いました。 「人の一生は重き荷物を背負いて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なく、心に望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。堪忍は無事長久の基。怒りは敵と思え。勝つ事ばかりを知り負くる事を知らざれば、害その身に至る。おのれを責めて人を責むるな。及ばざるは過ぎたるよりは増されり」 結構、深いと思いませんか? 確かに満ち足りた世の中ですから不足している世の中には及ばないのかも知れません。幸せすぎると幸せが見えなくなります。しっかり考えて生きていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA