何かを成し遂げる人とそうでない人

最近、気づいたのですが、と言うよりわかっているようで、わかっていなかった事を再認識しました。 何事も急いで、一生懸命やって、早く片づけてしまおうとする人と少しずつ、一歩ずつでも進歩すれば良いと思って、何かに取り組んでいる人は、どっちが事を成し遂げる確立が高いでしょうか? あきらめの早い人は、短期間に一生懸命やって、だめなら止めてしまう。そのような性格の人は、長期間をかけて色々な事に取り組むのも苦手ではないでしょうか? 最近、思うのですがある事を行っている時間とその行っている事に対する理解は、当然、比例すると思います。しかし、時間をかけたからといって、人よりもそのことが上手かどうかは別問題です。しかし、そのことに対する理解は、時間の短い人よりは確かに深いと思います。 私も、そろそろ、気長に何事にも取り組めるようになりたいものだと思っています。そして、そのことのすばらしさが、わかりかけて来ているように思います。 何をするのでも、1歩1歩だと思いませんか?力を入れず、ゆっくりで良いから1歩1歩進む事の重要性を感じます。急ぐと疲れます。ウサギとカメではないですが、いつかは目的を夢を達成できるのです。いやいや、達成できなくとも良いと思います。急がない事が重要です。いつもマイペースの努力と言いますか、進歩ができれば良いと思います。 何かを成し遂げる人とはそういう人かも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA