ぎっくり腰

久しく、ブログを書いていませんが、また、書く気持ちが出てきたので少しずつ、書きたいと思います。 実は、今年の3月に強烈なぎっくり腰を起こしてしまいました。こんなのは初めての経験、話には聞いていたが・・・どういう状況でぎっくりが起こったかというと、「夜の12時ごろ、風呂上がりで、後は寝るだけの状態、パジャマをはこうと右足をあげた瞬間に突然の腰の激痛、その場に座り込み動けない状態になりました。這って何とか寝床つき、寝返りも打つことができずに寝て、翌日から3日間全く動けずに・・・本当に大変、特にトイレに行くのが大変でした。」 それが治ったと思ったら、8月にまたもや腰痛、今度は違う形でやってきました。最初は腰が少し痛い程度でしたが、普通の生活をしているうちに、段々と痛みが増してきて、最後にはまたもや全く動く事ができなくなりました。今度の方が治りが遅く重症、大変です。今も気をつけながら生活しています。今度は、腰痛の兆候が出たらちゃんと対処し、ひどくならないように気をつけたいと思います。 年齢的なものでしょうか?腰のレントゲンを撮った医者から10代の頃に腰の骨折をしているとの衝撃の発言、要は脊椎分離症とのこと。そこが震源になって腰痛になっているとのことです。早い話がもう完治はしないため、上手に付き合うしかないとのこと・・・致し方ないですね。 人間、動けなくなると急に年を取った気分になります。これを機に身体を鍛え直し、元気になりたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA